大阪ブレストクリニックロゴ

大阪市 大阪ブレストクリニック 乳がん手術 手術実績

診療時間月~金9:00~16:00 土9:00~15:00
予約受付06-6465-4108

乳がんと、

人生と、

クリニック。

それは人生の問題です。

乳がんと、どう向き合うか?

より最新で最適な選択を。

より快適な医療体験を。

誰もが願っていいし、

クリニックは、それに応えるべきだ。

乳がん専門家チーム、

大阪ブレストクリニックは、

人生と関係します。

乳がん治療

手術実績

年度別手術グラフ
2017年度手術実績

学会発表・論文

第26回 日本乳癌学会学術総会にて当院職員の発表がありました。

・乳癌診療ガイドライン2018と乳房再建 大阪ブレストクリニック 形成外科 矢野 健二

・乳房用自動超音波診断装置(Automated Breast Ultrasound System:ABUS)の読影時の注意点の検討 英仁会 大阪ブレストクリニック 医療技術部 藤井 直子

・乳腺全摘術及び乳房切除術における乳管内病変 -乳頭間距離のMRI・病理所見の検討 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 井口 千景

・針生検と手術標本のHER2 discordanceと費用効果分析 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 藤田 倫子

・コスト面から考えた乳腺病理診断の問題点 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 芝 英一

・検診マンモグラフィで指摘された副乳癌の1例 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 野村 孝

・タイケルブ+ゼローダにて6年間PR継続中のHER2陽性再発乳癌の1例 大阪ブレストクリニック 外科 青野 豊一

・非浸潤癌に対するセンチネルリンパ節生検の省略 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 柳沢 哲

・多様化する乳房再建術:脂肪注入術によるオンコプラスティックサージャリーのパラダイムシフトを目指して 大阪ブレストクリニック 矢野 健二

・人工物を用いた一次二期乳房再建における上胸部組織拡張量と乳頭偏位の関係 大阪ブレストクリニック 矢野 健二

・シリコン乳房インプラントによる2期再建術:当院における中期成績の検討 大阪ブレストクリニック 矢野 健二

・感染合併によりTE抜去となったアトピー性皮膚炎患者の3症例 大阪ブレストクリニック 矢野 健二

第25回 日本乳癌学会学術総会にて当院職員の発表がありました。

・「当院におけるエリブリン末梢神経障害対策の効果」 大阪ブレストクリニック 中谷 裕子

・「当クリニックのMMG検診に対するUS追加効果の検討」 英仁会 大阪ブレストクリニック 医療技術部 藤井 直子

・「乳癌術後患者の下着に関する実状と、その指導についての検討」 大阪ブレストクリニック 尹 佳愛

・「乳癌センチネルリンパ節の術中検査を細胞診でやらざるをえなかった背景と精度、問題点についての検討」 大阪ブレストクリニック 医療技術部 米川 みな子

・「乳房豊胸術後に乳癌と診断された4症例の検討」 大阪ブレストクリニック 乳腺外科 井口 千景

・「マンモグラフィで腫瘤像として抽出され、超音波検査では抽出されないためST-VABを施行した症例の検討」 大阪ブレストクリニック 野村 孝

・「当院で原発巣切除を施行したStage4乳癌症例についての検討」 大阪ブレストクリニック 藤田 倫子

・「特異な経過をたどった乳癌ー9年間のdormancy後に急速増大したー1症例」 大阪ブレストクリニック 青野 豊一

・「集学的治療を駆使した乳癌消化管転移の一例」 大阪ブレストクリニック 柳沢 哲

第26回 日本乳癌検診学会にて当院職員の発表がありました。

・「MMGからUS描出位置(時計軸・NTD)を推定するためのスケールシートの作成」 医療技術部 藤井 直子

・「非腫瘤性病変に対するスコア化の検討」 医療技術部 山本 絹子

第43回 日本超音波医学会関西地方会にて当院職員の発表がありました。

『当院の乳がん検診~超音波の追加効果の検討と技師の取り組み~』 医療技術部 藤井直子

第24回 日本乳癌学会総会にて当院の医師及び職員の発表がありました。

・「Triple Negative 乳癌に対するパクリタキセルによる術前科学療法の効果」 井口 千景

・「当院におけるカテゴリー3(C3)に対するステレオガイド下吸引式生検(STVAB)の成績」 藤田 倫子

・「トモシンセシスマンモグラフィ(3D-MMG)の有用性の検討(検診への導入に向けて)」 野村 孝

・「悪性の除外診断目的で施行した乳腺穿刺細胞診で悪性、悪性疑いと判定した症例の検討」 医療技術部 米川 みな子

第25回 日本乳癌検診学会にて当院職員の発表がありました。

・『MMGにてカテゴリー5(C5)の石灰化にステレオガイド下吸引組織生検(ST-VAB)にて良性と診断された症例の検討』 医療技術部 藤井直子

第23回 日本乳癌学会学術総会にて当院の医師及び職員の発表がありました。

・「乳腺専門有床診療所におけるチーム医療の実践  芝 英一

・「HER2陽性乳癌におけるトラスツズマブ併用術前化学療法の治療効果、IHC 2+とIHC 3+の比較」 山本 仁

・「エリブリンの早期ラインにおける治療効果および後治療への影響の検討」 井口 千景

・「八尾市立病院における乳癌検診への超音波検査追加効果(年齢階級および乳腺濃度別の検討)」 野村 孝

・「当院における40歳未満化学療法対象乳癌患者における妊孕性温存の現状」 藤田 倫子

・「当院における非浸潤性乳管癌の超音波所見の検討討」 小池 健太

・「当院の乳腺診断における穿刺吸引細胞診の役割について」  医療技術部 米川 みな子

・「術前化学療法を受ける乳がん患者の就業状況と必要とされる支援と課題」 看護部 中谷 裕子

第22回 日本乳癌学会学術総会にて当院の医師及び職員の発表がありました。

・「日常診療でいかに多くの非浸潤性乳管癌(DCIS)を診断、治療するか」芝 英一

・「初発再発時リンパ節転移を有するセンチネルリンパ節生検陰性症例の再発様式」 山本 仁

・「腋窩リンパ節転移症例に対する術前化学療法後のセンチネ ルリンパ節生検の検討」 井口 千景

・「非浸潤性乳管癌の治療成績と局所再発例の検討」 小池 健太

・「ステレオガイド下マンモトーム生検(ST-MMT)にて発見された異形乳管過形成(ADH)に関する検討」 藤井 直子

・「非浸潤性乳管癌の乳腺穿刺細胞診の成果についての検討」 米川 みな子

第38回 日本遺伝カウンセリング学会学術集会で当院の遺伝カウンセラーの発表がありました。

・「乳腺専門クリニックにおける遺伝カウンセリングの取り組み」

~問診票の家族歴はどこまで信用できるのか~  秋丸 憲子・芝 英一

詳しく見る(PDF) >>>

第11回 日本乳癌学会近畿地方会で2名が発表いたしました。

・「外注細胞診の院内Wチェックの有用性についての検討」 米川 みな子

・「乳腺専門クリニックにおける遺伝カウンセリングの取り組み」 秋丸 憲子

第23回 日本乳癌検診学会学術総会で当院から8名の発表がありました。

一般口演14 超音波1

・O-087.腫瘤像非形成性病変のスコア化による浸潤癌とDCISの鑑別

医療法人英仁会 大阪ブレストクリニック 医療技術部

医療法人英仁会 大阪ブレストクリニック 乳腺外科

山本 絹子・藤井 直子・堀 亜希子・小西 章子・澤田 亜紀・樋口 千紗・岩田 侑薫・芝 英一

第21回 日本乳癌学会学術総会で当院から4名の発表がありました。

・「腋窩リンパ節転移症例に対する術前化学療法後のセンチネルリンパ節生検の検討」 井口 千景

・「乳癌内分泌療法に伴う副作用に対する、漢方による治療経験」 住吉 一浩

・「ステレオガイド下マンモトーム生検(ST-MMT)後の石灰化病変に対するUSの有用性について」 藤井 直子

・「乳腺穿刺吸引細胞診の外注についての問題点の検討」 米川 みな子

第37回 日本遺伝カウンセリング学会で当院の遺伝カウンセラーの発表がありました。

・「乳腺専門クリニックにおける遺伝カウンセリングの取り組み」 秋丸 憲子

第21回日本乳癌画像研究会で2名が発表いたしました。

・ 「MMGから病変位置を把握するためのスケールシートの作成」 医療技術部 原田 なぎさ

・ 「US画像とマンモトーム生検の病理組織像から術前診断が可能であった線維腺腫の中に発生したDCISの一例 」  医療技術部 山本 絹子

受 賞

(財)パブリックヘルスリサーチセンターから、トラスツズマブ療法に関する臨床試験への当院の貢献に対して表彰を受けました。

当院薬剤師 廣瀬富紀子が2011年ベストCRC賞を受賞いたしました。