大阪ブレストクリニック
予約受付06-6465-4108
大阪ブレストクリニックロゴ
大阪ブレストクリニック公式インスタグラム

大阪ブレストクリニック 治験・臨床研究等

診療時間月~金9:00~16:00 土9:00~15:00
予約受付06-6465-4108

治験・臨床研究等

研究課題名 詳細情報 対象となる方 研究責任者
17 MRIと超音波検査の所見に基づくステレオガイド下吸引式組織生検(ST-VAB)の適応症例 詳細 2005年10月~2020年6月でST-VAB前にMRIと超音波検査の両方を施行された1498名の石灰化症例の患者様。 責任医師:芝 英一
分担技師:中間 友美・藤井 直子
16 ソフトコピー診断におけるカテゴリー3区域性石灰化の細分類のためのスコアリングシステム 詳細 2015年1月から2020年12月、拡大撮影を含むマンモグラフィ検査をFPD(フラットパネルディテクタ)搭載装置で撮影しC3区域性石灰化がみられ、ステレオガイド下吸引式組織診を施行された147名の患者様。 責任医師:芝 英一
分担技師:小西 章子・藤井 直子
15 悪性病変に随伴するマンモグラフィ指摘の石灰化に対する超音波検査 詳細 2019年に当院で手術を行った708名の患者さんのうちマンモグラフィで石灰化を指摘された249名の患者様。

責任医師:芝 英一
分担技師:山本 絹子・藤井 直子

14 HER2 陽性乳癌に対する術前化学療法におけるレスポンスガイド治療の検討 詳細 2006年9月から2021年3月に当院(大阪ブレストクリニック)で術前化学療法に抗HER2 薬(ハーセプチン等)を使用したHER2 陽性乳癌の患者様。 責任医師:芝 英一
分担医師:藤田 倫子
13 当院におけるアベマシクリブ使用の実際 詳細 2018年12月から2019年12月の期間に、アベマシクリブによる治療が開始された転移乳癌患者様17例の使用状況と有害事象の発現状況を2020年12月まで電子カルテを用いて後方視的に調査を行いました。 責任医師:芝 英一
分担者:廣瀬 富紀子(薬剤部)
12 乳房用自動超音波画像診断装置(ABUS)施行不可症例を施行前に判断する項目の検討 詳細 2019年1月から2019年10月、当院にてABUS実施した594名の患者様。

責任医師:野村 孝

分担技師:山本 絹子・藤井 直子

11 乳がん温存手術時の切除範囲決定に寄与したModalityとその成績について 詳細 2019年に初発乳がん手術を行った708名中、乳房温存手術を行った429名の患者様。

責任医師:芝 英一

分担技師:藤井 直子

10 ソフトコピー診断におけるカテゴリー3集簇性石灰化の細分類のためのスコアリングシステム 詳細 2015年1月から2018年12月、拡大撮影を含むマンモグラフィ検査をFPD(フラットパネルディテクタ)搭載装置で撮影しC3集簇性石灰化がみられ、ステレオガイド下吸引式組織診を施行された495名の患者様。

責任医師:芝 英一

分担技師:小西 章子・藤井 直子

09 非造影MRI(DWIBS乳がん検診精査時に注意すべき所見の特徴 詳細 DWIBS乳がん検診で要精査と診断され、2019年4月〜2020年11月に当院を受診した22名の患者様 責任医師:芝 英一
分担技師:古川 博子・藤井 直子
08 腋窩リンパ節 転移の確率を推定するための形状評価表の作成と活用 詳細 2019年1月から2020年10月に当院にて乳癌手術を受けられた1297名の患者さんのうち、腋窩リンパ節転移を疑って細胞診を行い、術前に転移の有無を確認した311名の患者様 責任医師:芝 英一
分担技師:山西 昌子・藤井 直子
07 エストロゲン受容体陽性HER2 陰性乳癌に対する S 1 術後療法 ・長期予後に関する多施設共同観察研究:POTENT 附随研究

詳細

14.

POTENT試験 「 エストロゲン受容体陽性 HER2 陰性乳癌に対する S 1術後療法ランダム化比較第Ⅲ相試験」に参加された方 責任医師:柳沢 哲
06 アベマシクリブ関連薬剤性肺障害のネステッドケースコントロール研究実施計画書
Nested Case Control Study of Abemaciclib-Induced Interstitial Lung Disease (NOSIDE)
詳細 2018年11月1日から2019年12月31日の期間に、アベマシクリブ(ベージニオ錠)による治療が実施された転移乳がん患者様のすべて 井口 千景
05

全自動乳房超音波画像診断装置(Automated Breast Ultrasound System:

Invenia ABUS )を用いた術前化学療法の治療効果判定に関する調査

詳細 2020年4月~2023年3月、当クリニック(大阪ブレストクリニック学園前)で乳がんと診断されて、術前に他院にて化学療法を予定されている患者様。

責任技師:藤井 直子

研究分担者:山本 絹子

鷹居 祥子・齊藤 知枝・

田中 美穂・高道 綾・

芝 英一・野村 孝・

柳沢 哲

04 マンモグラフィ読影におけるディープラーニングを用いたコンピューター自動診断システム(DLADS)の性能評価試験 詳細 2020年9月頃までを予定していますが延長する可能性があります。当クリニックでマンモグラフィを撮影された患者様のうち、マンモグラフィにて病変が指摘可能で、確定診断がついている症例です。 責任医師:井口 千景
03 BI-RADSで分類される石灰化病変の悪性リスク評価
~当院で施行したステレオガイド下生検3329症例の結果より
詳細 2005年10月から2019年7月までに、石灰化病変に対して当院でステレオガイドした生検を施行した3329症例 責任医師:芝 英一
分担医師:稲尾 瞳子
02 当クリニックにおけるHBOC診療の現状と課題 詳細 2006年9月~2025年12月に当院(大阪ブレストクリニック)で遺伝カウンセリング外来を受診した患者様。

責任医師:芝 英一

分担医師:藤田 倫子

01

HER2陽性乳がんにおける予後因子の検討

詳細

2006年9月-2017年6月に当院(大阪ブレストクリニック)で術前化学療法にハーセプチンを使用したHER2陽性乳癌の患者様。

責任医師:芝 英一
分担医師:藤田 倫子

WEB予約
院長ブログ
大阪ブレストクリニック公式インスタグラム